品質方針

品質方針

「信頼と希望」と言う経営方針のもとに、次の通り品質方針を定めます。
この品質方針は、「お客様に満足して頂ける製品/サービスを提供する」と言う興亜エレクトロニクス(KEC)の品質に付いての目標と責務を含み、「信頼できる会社から、部品を購入したい」と言うお客様のニーズ、期待を含んでいます。

「一個一個が私の保証です」
  • 関連する法規制を守り、お客様の声に耳を傾けてKPS-2を展開しましょう。
  • お客様の声に基づいた品質目標の設定及びレビューの枠組みを整えましょう。
  • 上記2項目の成果を上げるためPDCAを回して継続的改善を行いましょう。
  • 環境負荷物質の削減によるクリーンプロセス、グリーン製品の実現。
平成17年6月21日 興亜エレクトロニクス株式会社 代表取締役社長 仲藤 恭久

環境方針

  • 当社は、開発・製造・販売活動、製品及びサービスが環境に与える影響を的確にとらえ、おてんとうさま(環境マネジメントシステム)を構築し、おてんとうさまの継続的改善及び環境汚染の予防を図る。
  • 当社の環境活動は、社会環境対応を、おてんとうさま活動とし、製品環境対応を品質保証活動として展開する。
  • 当社の環境側面に適用可能な法規制、当社が同意するその他の要求事項(お客様要求事項を含む)及び自主基準を順守し、環境マニュアル・品質マニュアルを基に全社員が自然環境に配慮した行動をする。
  • 本方針の理念に基づいて行動するため、環境に調和した業務や有限な資源の有効利用、環境負荷の少ない製品・工程、地球温暖化防止(省エネルギー)を追求し実現する環境改善活動を環境目的・目標の枠組みとして、毎年見直しをする。
  • 内部環境監査を実施し、自主管理による、おてんとうさまの維持向上に努める。
  • この環境方針は、当社において、環境活動に携わる全ての人に周知し、環境意識の向上を図る。
  • 環境方針及び環境に対する取組みは文書化し、一般に公開する。

昔、悪い事をすると、“おてんとうさまが見てるよ”“おてんとうさまに申し訳ない”と、おじいちゃんやおばあちゃんに言われませんでしたか。
先人達の“おてんとうさま”を大事にする気持ち、そこから、“おてんとうさまに申し訳ない事をしない”“おてんとうさまにも堂々と胸を張って報告できる活動にしよう”と言う思いを込めて、ISO14001 環境マネジメントシステムの事を“おてんとうさま”と呼びます。

出発点

どうしたら地球と調和した生き方ができるのか。

理念

興亜エレクトロニクス株式会社は、信州の豊かな自然に囲まれた地で、電子部品〔固定抵抗器〕を製造する会社です。
私達は、自然とのふれあいから自然の大切さを学び、未来への希望である恵まれた環境を維持する為に、社員一人一人が自然の大切さに関心を
もち、おてんとうさま(環境マネジメントシステム)を自己責任のもと実践する事で、地球との間に信頼関係を構築し、私達のふるさとに循環型社会の
モデルを創造して行きます。

改定日2017年3月28日 興亜エレクトロニクス株式会社 代表取締役社長 仲藤 恭久